不倫・略奪婚スキャンダル情報まとめ

Archive for the ‘不倫についての知識’ Category

離婚を考えた時に覚えておきたい不貞行為とは?

2016-02-19

1f14ba273220b695f43f2b74eb82d31a浮気調査をして、パートナーが真っ黒であったことが分かったとするなら、関係を続けていくのか、それとも離婚をしてしまうのかを決断してから様々なアクションを起こすものでしょう。
この結果如何によって、興信所などを利用する場合に、その浮気調査依頼の難易度も変わってきますから、調査依頼をする前にしっかりと決定しておくことが大事なのです。
離婚をする場合、婚姻関係の継続が困難になったという理由をしっかりと明示する必要があるのです。
浮気関連の場合には、それが不貞行為と呼ばれる行為を行った場合に該当しますが、意外とこの不貞行為について把握できていない方が多いのです。
ここでは意外と知らない不貞行為について紹介していきましょう。
■不貞行為とは
離婚の原因になっているものとして、一番多い理由としては、性格の不一致とされており、役50パーセントほどの夫婦がこれを理由に離婚をしています。
そして次に多いのが、不貞行為、つまりは不倫や浮気といった異性関係が原因になっておりこれが約25パーセントを占めるのです。
離婚原因として認められる不貞行為ですが、不貞行為の概要としては、配偶者以外の者と肉体関係を持つことと法律上では明記されています。
どこからが浮気でどこからが浮気ではないというラインというのは、基本的にはそれぞれの方によって違うでしょう。
しかしながら、法律視点で見た場合の浮気、つまり不貞行為というのは、肉体関係が成立していなければ成立しないのです。
■一度きりでは不貞行為とはされない
たった一度でも他の異性と肉体関係を持てば浮気であり、絶対に許すことが出来ないという方は多いことでしょう。
しかしながら、法律的な観点からすると、不貞行為と認められるには、ある程度の継続性がないとそうとは認められないことになっています。
つまり離婚を前提にした浮気調査などをする場合でも、ある程度に継続性があるということを証明する必要があり、たった一度の肉体関係では、認められないケースもあるということを覚えておきましょう。

妊娠中に浮気をされて離婚になったらどうなるの?

2016-02-19

8edf7b8393bb3f652c64e8a4db335fb4浮気が原因で離婚に至るカップルが非常に増えています。
この際、世の中の特に男性が浮気に走ってしまうタイミングで最も多いのが妻の妊娠中だとされています。
さて、この妊娠中ですが、浮気をされてしまった、もしも浮気をしてしまった場合に、浮気調査などでそれが発覚し、その先に離婚を考えた場合には、さまざまな疑問が生じませんか。
お子さんが既に生まれている状態であれば、基本的には浮気が発覚し、離婚を決断したところで、親権をどちらかにするのかを話し合い、養育費を取り決めたり、更に離婚後にお子さんと会わせる機会を設けるのか、二度と会わないかなどを決定するなどの取り決めをしてしまえばいいのですが、妊娠中では、まだお子さんも生まれていないわけです。
ここでは妊娠中に離婚に至ってしまった場合の様々な疑問を紹介していきましょう。
■覚えておかないと取れるものも取れない
妊娠中であれば、離婚をした方が次に新しいパートナーを見つけた時に、その相手を父親としてすんなり子供に会わせることが出来るから早くした方が良いなんて考えがあったり、男性側からしてみると、別れてしまえば自分の子供とはならず、養育の義務もなくなるだろうから良いなんて考えを持つ方もいらっしゃいます。
しかしながら、こんな考えを法律では認めていません。
基本的に離婚後から300日以内に出生したお子さんは、元夫の戸籍に入り、嫡出子として認められます。
つまり旦那さんの子供であり、そこに養育の義務が発生するということです。
ですから浮気をされたから、感情的になりすぐに離婚をするのではなく、じっくりと時間を掛けて浮気調査などの期間にあて、慰謝料の増額のためにも精神的苦痛を受けた期間を長く設定するのがベターです。
■自分の子ではないのでは?
男性の中の場合には、結婚前、結婚後などに自分以外の男性と不貞行為をし、妊娠をしてしまったのではという疑問があると思います。
そんな時でも自分に養育の義務が生じるのかという疑問があるかもしれませんが、こういった場合には嫡子否認の訴えというものが、子供の出生を知ってから1年以内であれば、利用することが出来ますから、それを上手に活用していきましょう。

Copyright(c) 2016 不倫・略奪婚スキャンダル情報まとめ All Rights Reserved.